コンプレックスを解消|ボトックス注射の基礎知識を身につけよう【施術の流れ】

コンプレックスを解消

注射

筋肉に作用します

ほとんどの場合、ボトックス注射は保険適用の対象外となります。そのため、通院するクリニックごとに価格が異なります。使用する製剤の種類や注入する部位などによって差は数万円単位で開くこともあります。部位で価格が変わる理由は医師に求められる技術の高さにあります。口元や目尻は簡単に施術できるので安めですが、おでこや目の下は技術が浅いと失敗につながる恐れがあります。そのため、高い技術を要し値段も高くなります。多くのクリニックが導入しているメニュー「口元のしわ」や「目尻のしわ」は、比較的に簡単に施術でき副作用も少ないため、安めの設定になっています。一方、目の下やおでこなどのボトックス治療は、表情が硬くなったりまぶたが腫れあがったりと失敗に繋がりやすい特徴があり、ボトックス注入に技術が必然的に必要になるのです。簡単な施術であれば安くて1〜5万円が一般的な相場です。顔全体のシワや多汗症などには10万円以上かかるケースが多いです。また、ボトックス注射の持続期間は短いので、維持するには定期的な通院が必要です。費用が高すぎるのも問題ですが、安い製剤では品質に保証がありません。施術が受けられる複数のクリニックを比較して最適な所を探しましょう。手術が不要な人気のプチ整形にボトックス注射があります。ボツリヌス菌という毒素を使いますが安全性が保障された成分です。以前は顔面や瞼の痙攣に治療薬として用いられてきました。汗をかいたり筋肉が収縮したりする際、神経伝達物質「アセチルコリン」が出てきます。この物質を弱めるのがボツリヌス注射です。効用を活用して、現在ではシワの改善・小顔・多汗症などに使われています。持続期間が限られていますが、繰り返し注射することで長く作用します。特に顔のシワは表情シワに効き目を発揮します。人は笑った時や起こった時にシワができますが、定着するとなかなか落ちづらいです。ボトックス注射で筋肉の動きを弱めれば予防してくれます。また、顔やあごにエラが突出している悩みにも効きます。エラの原因が筋肉によるものであればボトックス注射で顔がスリムな印象になります。他にも、首筋の大きなシワや笑った時に見える歯茎も治療できます。美容だけでなく何らかの病気にも対応する便利な施術と言えるでしょう。